東亜交流促進研究所
ジェームズ・ティソの誘い
1997年にスタートしたアルピナ株式会社の下部機関として、2006年に EAEPRI Corporation (日本名:東亜交流促進研究所)はスタートしました。アルピナ株式会社はコンピューター利用に係る技術障壁を、お客様の立場に立ち、共に乗り越えていくことが主たる活動内容です。遅れてスタートした東亜交流促進研究所は言語障壁を越えることに主眼を置いています。両社、それぞれのスタートがありますが、現在ではそれぞれの内容を基本として、お客様が求めるコンサルティングの内容に移行しています。

お客様の企業活動における企業オーナーに対する輔弼が、アルピナ株式会社と東亜交流促進研究所の役目でありますが、そのような依頼の中に、「従業員の教育」もよく含まれます。また研究の委託や動向の分析もあります。その際の効率を上げるために、この領域は用意されています。

この領域は、セキュリティー上、不特定多数からのアクセスが不可能な様に構築してあり、特定メンバーの皆様が、IDとパスワードを用いて、アクセス可能になります。但し特定のメンバーがアクセス権を適切に管理せず、またこの領域で取得した情報自体の管理も適切に行わないのであれば、当然に情報は流出します。特定メンバーの皆様は、その点をよくご理解の上、注意してご利用ください。
 
 
Copyright(C) 2016 EAEPRI Corporation All Rights Reserved.